コロナ禍で苦しむ“スナック業界”救済企画
自宅で楽しめる「オンラインスナック横丁」サービス開始
~ 自粛疲れを緩和し、スナック文化を支えていく ~

 

スナ女 五十嵐真由子
このほど、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界は今、未曾有の危機に直面しています。
そんな中、地域経済を足元で支えてきたスナックもまた、休業を強いられ、壊滅的な打撃を受けています。そこで、新たな出会いを創出する場として「オンラインスナック横丁」を立ち上げました。

 現状、オンライン飲み会などの新しいブームも生まれています。一方で、オンライン飲み会ならではの問題も生じています。そこで、接客のプロであるスナックのママ・マスターとの気軽なコミュニケーションを提供することで、日本を元気にできればと考えています。さらにコロナ終息時には、オンラインスナック横丁をきっかけとして、お客様が直接スナックを訪れる。そんな未来の架け橋となることが、オンラインスナック横丁の一番の価値であると考えます。
ぜひ、全国のスナックを皆で応援しましょう!

 

オンラインスナック横丁 代表 五十嵐 真由子

 

 

 

スナック業界への応援メッセージを各界の皆様から頂戴しておりますので、ご紹介させていただきます。


 

 全日本スナック連盟 会長 玉袋 筋太郎

全日本スナック連盟会長の玉袋筋太郎です。

今回の新型コロナウイルスの野郎の為、日本は未曾有の危機的状況に置かれています。特にナイトビジネスであるスナック業界は大打撃を受けています。実際私のお店も3月末から臨時休業中で、いつ再開できるのかわからない状況です。そんな状況下にこうして「オンラインスナック横丁」がオープンした事は、スナックという世界に誇る日本の文化を守る為の、重要な役割を果たす横丁だと思います。

力不足ながら、私もできる限り応援させてもらいます。いつかコロナが晴れて、皆でお店で乾杯ができるその日が来るまで「オンラインスナック横丁」で一杯やって過ごしましょう!

負けるなスナック!

全国スナック連盟 公式サイト


 

みんな電力株式会社 代表取締役 大石英司

スナックの扉の向こうには、 その瞬間でのみ出会える、楽しげな人たちがいて、 方言があり、どこか懐かしい食があり、 そこでしか聞けない地域の話があります。

メディアでは知ることのできない、 笑い、喜び、涙があります。
無くなると二度とは戻らない 地域に根差した人々の文化があります。
スナックは地域社会や文化を知り、体感する、 最高の場です。

そんな素敵なスナックがオンラインで、 しかも“スナ女”選りすぐりの名店が 一堂に会してるなんて!最高じゃないですかっ! 楽しくて、学べて、 毎日、通っちゃいそうで、今から心配でなりません。

スナックで見かけたら、優しく絡んでください。乾杯!

いつか全国のスナックのネオンを再生可能エネルギーで灯す日を夢見て。

 みんな電力 公式サイト


 

全国のスナック応援サイト「スナックdeカラオケnavi」(スナカラ)主宰

一般社団法人 全国カラオケ事業者協会 代表理事会長 佐久間 秀樹

新型コロナウイルス感染症拡大に際し、罹患された皆さま並びに休業要請や外出自粛などの影響を受けておられる皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。この度の感染症は全国に緊急事態宣言が発出されることとなり、カラオケを取り巻く環境に未曽有の逆風をもたらしています。

こうした状況下、休業要請を余儀なくされているスナックへ「未来の懸け橋」を架ける「オンラインスナック横丁」の開設は、素晴らしい試みと言えます。横丁が、より多くの新たな出会いを創設し、更に多くの方々がスナックの魅力に触れていただくことを祈念致します。

そしてコロナ禍の終息後、横丁をきっかけに直接スナックをご利用いただく際には、気軽に安心してスナック体験いただけるスナカラ(スナックdeカラオケnavi)をお役立ていただければ幸いです。明日への活力の場として愛されてきたスナックが、以前に増して多くの人々に扉を開けていただけるよう、「未来の懸け橋」に期待しております。

一般社団法人 全国カラオケ事業者協会 公式サイト

 

Qurumu合同会社代表兼スナ女 

田代くるみ

 実は、宮崎はスナック文化が深く深く根づいた地域。人口あたりのスナック件数が全国で一番多い県なのです。宮崎一の繁華街で、国内…いや、世界屈指のスナック街である「ニシタチ」にはスナックビルが軒を連ね、毎夜たくさんの人が飲み、歌い、笑い、ご機嫌な時間を過ごしています。

オンラインスナック横丁は、ニシタチをはじめ全国のスナックをハシゴできる、スナック好きにとっては夢のような場所!

お気に入りのお店を見つけて、また私たちが自由にスナックでの時間を楽しめるようになった時には、ぜひママに会いに行ってみてください。

ニシタチにお越しの際はぜひお知らせくださいね!

Qurumu合同会社 公式サイト


 

くじらキャピタル株式会社

代表取締役 竹内真二

 「デジタル x 資本で地方創生」を掲げる当社としては、オンラインスナック横丁は本当に気になる取り組みです。

地方に行って仕事の話を何時間するよりも、夜スナックで演歌を一緒に歌う方が、ぐっと心の距離が縮まることを何度も体験しています。普段は窺い知れない経営者の素顔が垣間見れる、素敵な空間。 また、オンラインスナック横丁は、自分のようにシャイで内向的な人間にとっては、実はリアル店舗以上にありがたかったりします。

リアル店舗だとあの重厚な扉が最初は怖くてどうしても開けられませんが、オンラインなら数クリック。 実際、地方のスナックにもう何店舗もオンラインでお邪魔しているので、いつか新型コロナが落ち着いた時には実際に飲みに行きますね!

くじらキャピタル株式会社 公式サイト


 

株式会社カゲン

代表取締役 子安大輔

 今回は飲食業界全体が大変なフェーズを迎えていますが、中でもスナックは影響が大きすぎますね。でも日本全国津々浦々、スナックは人々の暮らしに潤いをもたらしてきた貴重な存在です。

僕自身、10年くらい前からスナックに注目していて、神奈川県横須賀市の「若松マーケット」というスナック街の活性化のお手伝いなんていう楽しい仕事もさせてもらいました。ママさんたちは元気でやっているかなぁと気になっています。

デジタルによる効率化ばかりが求められる時代だからこそ、リアルでアナログ、そして人の息遣いを感じられるスナックは決してなくなって欲しくないものです。

応援しています!!

若松マーケット公式サイト


 

Special Thanks

「オンラインスナック横丁」は、多くの人々の支援によってオープンの日を迎える事ができました。ここに感謝の想いを込めて、ご協力企業、お名前を掲出させていただきます。

knowte株式会社

株式会社クオル

株式会社花咲か爺さんズ